WordPressでサイトを立ち上げたらまずブログを書くことをオススメしている理由

WordPressでホームページを立ち上げた際、講座受講生にはまずブログを書き始めることをオススメしています。

この理由は大きく2つありますが、「操作に慣れるため」「ホームページを育てていくため」です。

操作に慣れるためというのは…
WordPress講座に出てもビジネスコンセプトが決まっていなかったりするとそのまま立ち上げたサイトが放置されてしまう傾向があります。そして、いざやろうと思ったときに操作法を忘れてしまっている方が多いからです。

ホームページを育てていくためというのは…
インターネットの検索で検索結果の上位に出てきやすくなるよう、WordPressの価値を上げていくということ。WordPressで一つサイトを作成してから、インターネットの検索結果で上位表示されるにはとても時間と労力がかかるからです。

 

この2つを解消するのに一役買ってくれるのが、「ブログ」の存在なんです。

WordPressの特徴としては、従来のホームページとブログが一体になったソフトです。
「固定ページ」と「投稿ページ」の2つを使って、コンテンツを作成し、一つのサイトを作成していくものです。

今回は、あなたのホームページを育てていくという観点から、「固定ページ」と「投稿ページ」の2つの違いを知り、ブログを書くことをお勧めしている理由を理解してもらうための記事となっています。

固定ページと投稿ページの違い

固定ページ

お問い合わせ、サービス内容、プロフィール、会社概要などを作成するページ。

時系列を持たずに、それぞれのページが独立して存在しているページのこと。(管理画面上では、投稿日はあるが、実際のサイトを見たときに投稿日ってないですよね。)

独立しているので、メニュー設定などすることによって初めてWordPress内での連動性を持つことができる。また、ブログ記事のように、カテゴリーとの紐付けがされていない。

投稿ページ

ブログやニュースなどの記事の作成するページ。

時系列を持ち、記事にカテゴリーを紐づけることができる。

検索エンジンからの流入と、「固定ページ」と「投稿ページ」

ホームページを持つ上で重要なのは、アクセスしてもらい、結果的にお問い合わせやお申し込みにつながること。
ホームページ誘導するために、検索エンジンからの流入や、SNSでの拡散からのアクセス、という対策を皆さんされています。

SNSはやっている人とやっていない人がいるため、幅広くアクセスを集めていくには検索エンジン対策(検索からの流入)というのは外せない要素となります。

現在、GoogleやYahooなど様々な検索エンジンがありますが、ほとんどがGoogleのやり方を導入しています。つまり、Googleのルールに沿ってやっていくと、検索結果の上位ページに表示されやすくなり、お客様から見つけてもらいやすくなるのです。

 

では、Googleはどんなことを大切にしているのか。
それは、「ユーザー(検索者)にとって役立つ情報かどうか」ということにつきます。それを判断するのはユーザーになりますね。

ユーザーにとって、必要だと思える内容だったら、しっかり記事を読んでくれるから滞在時間が長くなる。そして、興味を持てば、他の記事も読むために別のページへ移動する。

そういったデータが、Googleが判断する、「お客さんにとって役立つ情報かどうか」ということ。

Googleは、検索者にとって見づらいページ、有益でない(価値が低い)ページや、作成したらそのままというページを嫌います。

つまり、常に「お客さんにとって解釈できる内容を提供しているか」「お客さんにとって役立つ情報を提供しているか」「最新の情報に更新しているか。」このようなことを判断していて、良質なコンテンツが豊富なサイトを評価する傾向にあります。

そこで重要なのは、時系列を持つ「投稿ページ」なんです。
そして、「投稿ページ」で記事を投稿・更新するたびに、記事に紐づいた「カテゴリー」の価値がどんどん上がると言われています。

そういった意味で、時系列を持たない固定ページで作るコンテンツというのは、どんなに内容がしっかりしていても、検索結果への貢献というのは少ないのです。(リスティング広告をかけるのならまた話は別かもしれませんが)

ただ、投稿ページで記事を投稿・更新することで、ブログやブログに紐づくカテゴリーの価値が上がることによって、WordPressで作成したサイト自体の価値も上がってくるのです。結果、固定ページも検索結果へ出てくる可能性というのも出てくるのです。

さいごに

ホームページを育てていくとは、ユーザーにホームページへアクセスしてもらい、お問い合わせやお申し込みにつながるサイトにしていくこと。

そのときに重要なのは、ホームページのベースのコンテンツ(固定ページ)が良質であること。これは前提条件です。

そして、

  • お客さんが少ない操作で、必要な情報を得ることができる構成になっているか
  • ホームページの価値を上げるために「ユーザー(検索者)にとって役立つ情報」を書いていくこと

一昔前だと、ホームページがあるだけで訪問してもらえたかもしれません。いまはホームページを持っていて当たり前の時代。溢れるほどあるサイトの中からあなたのサイトを見つけてもらうには、「良質なコンテンツ」を発信し続けていることなんです。

 

こういった点から、ブログをまずは書くことをオススメしています。

ブログは書きなれていないと書くことに苦戦します。初めから「ユーザーにとって役立つ情報」というのをいきなりかけるかというと、そういうものではないですよね。

ここには焦らず、できることからブログを書く習慣をつけていくという裏の意味もあります。(参考:ブログがなかなか書けないとお悩みの方、心のブロックを外すコツ(2018/5/27))

あなたのできることから、一歩一歩で大丈夫ですよ!