ブログを見やすくする、カテゴリーとタグの設定

  • ブログ記事を見やすく整理したいなぁ〜
  • アメブロみたくテーマで記事を振り分けたいなぁ〜

WordPressでブログを書いて、このように感じたことありませんか?

今回は、ブログ記事にカテゴリーとタグについてお伝えします。
この2つをうまく使うことで、ブログ訪問者が過去の記事まで見つけやすい流れを作っていくことができます。

カテゴリーとタグの違いとは?

そもそも、カテゴリーとタグの違いってなんでしょうか。

どちらも記事を分類するためのものではあるのですが、用途が少し違います。ですので、使い分けることができれば、より効果的なものになります。

一度ブログ記事に設定すると後から修正は大変になる。
そのため、記事が少ないうちから自分の中でルールを決めて設定していくといいでしょう。

カテゴリー

記事を格納するフォルダーみたいなもの。グループやジャンルごとに分けるときに使用。
また、子カテゴリーを設定することで、階層構造を持つことができる。

基本的には1記事1カテゴリーが望ましい。

カテゴリー分類することで、ブログに訪れた人が記事を探しやすくなる。

タグ

記事の内容に関連する単語やキーワード、テーマのこと。記事に付箋で印をつけるようなイメージ。

カテゴリー名とは違った切り口から、タグ名をつけることでより効果的になります。カテゴリーを複数設定したいという方は、タグをうまく活用していくといいでしょう。

1記事に複数設定してもOK。

ブログに訪れた人が、タグから、同じ単語やキーワード、テーマの記事を見つけやすくなる。

カテゴリーとタグの名称設定

特にカテゴリー名はあらかじめ設定しておくといいでしょう。
タグは、記事を書いているときに設定した方がやりやすいですよ^^

投稿 → カテゴリー

必要項目の入力 → 新規カテゴリーを追加

  • 名前:カテゴリー名
  • スタッグ:カテゴリー名を半角英数字にしたもの
  • 親カテゴリー:階層構造にするときに設定

投稿編集画面で設定

作成したカテゴリーを記事に設定、およびタグの設定は、投稿編集画面から行います。

カテゴリーの設定

編集画面の右側に、カテゴリーという項目があります。
すでに作成されているカテゴリー一覧が出てくるので、設定したい項目にチェックを入れます。

下層のカテゴリーを設定したい場合は、下層カテゴリーのみ選択すればOKです。(親カテゴリーのチェックは不要)

例えば、以下のようなカテゴリーがあったとします。

□ 健康
∟□ 身体
∟□ 食事
∟□ 心

食事に記事を振り分けたいときは、以下のように子カテゴリーのみチェックします。

□ 健康
∟□ 身体
∟☑︎ 食事
∟□ 心

作成していないカテゴリーを設定したい場合は、「新規カテゴリーを追加」から新たに作成ください。

タグの設定

カテゴリーの下に、タグという項目があります。
「追加」の左側のボックスに、タグを表す単語やキーワード、テーマを入力し、「追加」をクリック。

サイドバーにカテゴリーやタグを表示させたい

最後に、カテゴリーやタグをサイドバーに表示させたいという方もいるかもしれませんね。
その時の設定法について簡単にお伝えします。

このブログは私の講座参加者が中心になっているので、思い出してください。

基本的に操作は大きく2つから行うという話をしているかと思います。(これだけ持って帰ってください、と言っていることです)

コンテンツの作成

ブログ記事やホームページの骨格ページの内容、つまり、コンテンツを作成するときは…。

  • 固定ページ
  • 投稿

ここから操作を行います。

見せかたを変える

コンテンツがあるから、テーマにコンテンツをはめ込むことができ、見え方が変わります。
つまり、あなたの見せたいようにホームページを組み立てて行くことができます。

その時に操作するのは…

  • カスタマイズ(外観)

サイドバーの設定

では、サイドバーはどこから設定するのか?

「カスタマイズ」→「ウィジェット」からです。

ウィジェットとは、コンテンツをはめ込めるエリアです。
主にトップページの構成、サイドバー、フッターが該当します。自分でコードを入れていじらなくても、ある程度のことがボタン一つでできてしまう魔法のエリアなんです^^

テーマによって、ウィジェットが使える部分は違うのですが。

ぜひ、触って、設定してみてくださいね!