読む人の興味を引く、書きかたのコツ

  • まさに今、このことを考えてたんです。だからびっくりしました!
  • まるで私のことを言っているみたいに感じました
  • 私のために書いてくれたんだと思いました

あなたは、誰かが書いたブログや告知文をみてこのように感じたことがある方というのは、少なくないのではないでしょうか。

例えば、興味がなく左から右へ聞き流していたような話でも、自分ごとに感じた瞬間に耳がダンボになって、身をのり出して「なに なに?」って聞きいった経験ありませんか?

お客さまからお願いされるようになるためには、相手に身を乗り出して読みいってもらう書きかたというのはとても大切なんです。

そこで、今回は読む人の興味を引く、書きかた2つのコツをお伝えしていきますね。

これ、私のために書いてあるみたい

わたしはブログやメルマガだけでなく、講座の告知で文章をしっかり書くことが多いのですが…

  • まさに今、このことを考えてたんです。だからびっくりしました!
  • なんでわかるんですか?
  • 私のために書いてくれたんだって思いました

こんなふうに、ブログ読者の方からコメントもらうことが多いです。

 

そして、講座受講生からは、お申し込みの決定打を伺うと決まって…

  • まるで、私のことを言っているみたいで…
  • こんな人へ、というところが全部当てはまってました…

と言ってもらうことが多いです。

これ、ホント、うれしいです^ ^
「でしょっ、でしょっ^^」と、心の中ではニコニコしてます笑

わたしがブログを始めたてのころは、コーチングをメインでやっていました。
頑張りすぎの責任感の強いバリバリ働く女性が、メンタルに不調をきたす前に、わたしが関わることで楽になってほしい。わたしが辛い時期を過ごしたからこそ、伝えられるメッセージがある。

そんな想いから、わたしの経験から本質を伝え続けることをずっとしていました。

でもね…。

不思議と伝わらないんです。

反応があるのは、同業か、学びを通して知識がある人で、わたしが想定しているお客さん像とは違う人がほとんどでした。そのほかの人にも関心は持ってもらえるけど、「だから?」。

そんな状態がずっと続いていました。

なんでだろう、なんでだろう。
「もっと発信し続けないと」「メッセージが弱いのかな?!」「メッセージがわかりにくいのかな」などと頭を抱えて悩んでいました。

 

そこでわたしが学んだのは、「人は自分ごとと感じることで、はじめて興味が湧いてくる」ということ。

はたから見たら、原因が明らかであっても、その人が自分ごとに感じれない以上、アドバイスをしても、メッセージを伝えても、腹落ちしてこないのです。

「いい話だった」「勉強になった」と思われるか、「ふーん、どれも言いかたを変えているけど、結局は同じことを言っているよね。」というような感じの受け取りかたになるのです。

 

読み人の興味をひく上で重要なのは、「これ、わたしのために書いてある」と、自分ごととして思ってもらえるメッセージを発信することなんです。

このように思ってもらうために、大切なことは2つ。
ここからは、この2つのことについてみていきますね。

お客さんの悩みを知る

あなたの想定するお客さまが、どんなことに悩んでいるのか?

お客さま本人よりも、誰よりもわかるよ、と思えるくらいになることが重要なんです。

営業の鉄則ですが、お客さまを知ろうとすること、それはお客さまへの思いやりでもあります。相手がどんなことで悩んでて、どんなニーズを抱えているのか。

つまり、お客様の悩みを具体的に言えること。

 

例えば、「ブログ一体型のホームページを作りたいと思っている」だけではなく…

  • なぜブログ一体型のホームページを作りたいのか?
  • いま使っているブログのなにが不満なのか?
  • いまのホームページのなにが不満なのか?
  • ブログ一体型ホームページになにを期待しているのか?
  • 作り始めるにあたりどんな不安や悩みを抱えているのか?

などなど。
具体的に言えるといいですね。

悩みをリアルに表現する

2つ目は、お客さまの悩みをリアルに表現するです。
抽象的よりは、具体的に。そして、情景が浮かぶよう、リアルに描いていくこと。

例えば…

  • 毎日仕事で疲れてなにもする気が起こらないあなたへ
  • 疲れた顔をしているあなたへ

と言われるよりも、

  • 仕事が終わって家に帰るも、カバンを放り投げソファーへ直行。
    そのままぐったり。なにもする気が起こらないあなたへ。
  • 満員電車で揉みくちゃにされ、ふっと見た窓ガラスに映る自分の顔にギョッとしたあなたへ。

と言われるほうが、ぐったり疲れている自分を想像しませんか?

これ、わたしがセミナー告知でよく使っていた文言です。
この言葉が刺さった人が実際に受講しに来てくださっていました。

 

悩みを抽象的に言うのではなく、悩みを強く感じるシーンをリアルに描いていく。

そうすることで、そのシーンを記憶の中の自分に置き換えて思い浮かべるんですよね。
そして、その時の気持ちや感覚、感情を人は思いだすんです。

記憶にあることなので、「なんで、わたしのことわかるんですか?」という感覚になるのです。

小説やドラマに感情移入しやすいというのは、リアルに描かれているシーンから、記憶の中の自分に置き換えて浮かべているからなんです。

最後に試してほしいこと

いかがでしたか?

最後に、お客さまの興味をひく、書きかたをする上で、お役立ていただけそうなワークを一つご紹介します。ぜひやってみてください!

あなたのお客さまが、自分の悩みを強く感じる日常のワンシーンを描いてみてください。

五感をフルに使って、リアルに描けたらいい感じです^^