ブログ読者の反応を得るために有効活用すべきWordPressの機能

「ブログから反応がないんです…。どうしたら反応が上がりますか?」このような悩みをお持ちの方も多いかもしれませんね。

どのような「反応」を望まれているのかはお一人お一人違うかもしれませんね。
そんな時に、ブログのアクセスを集めようと、SEO対策していかないと、そう思われるかたが多いかもしれません。

SEO対策をして、一人でも多くの方に訪問してもらえるブログになるのはいいですが、そもそも訪問してもらっても反応がなかったら意味がないですよね。

あなたが望む反応が読者から得られたところを想像して見てください。
その先にはどんな可能性が広がっているでしょうか。

 

今回は、読者の反応を得るために有効活用すべきWordpressの機能について見ていきます。

あなたはどんな反応を得たい?

そもそも、あなたはブログを通して読者からどんな反応を得たいと思っていますか?

  • コメントをしてもらいたい?
  • 定期購読してもらいたい?
  • 問い合わせしてもらいたい?
  • 商品を買ってもらいたい?
  • 多くのアクセスが欲しい?

つまりブログの目的です。
まずはここを明確にしていく必要があります。

そんな時に、忘れていけないのは、ブログ読者の心理状態(参考:ブログを読んでもらうため、知っておきたい読者の行動心理)です。

もし、これを読んでいるあなたがブログを通し、サービスや商品を買ってもらいたい、そんな思いからブログを書かれているのであれば、ブログのあり方を見直していくところから始まります。

 

実はわたしには苦い経験あります(^_^;)
起業を考えた時から、ブログを始めました。
最初は書くことに慣れることから始まり、読者の役に立ちそうな情報を配信するように。

そして、ある程度、読者もついてきた(アメブロの話です)ころ…。
あるタイミングで無料セッションの募集をかけたり、セミナーの案内をしたり。

でもね、書けど書けど、「いいね」はつくけど、実際のお申し込みには全然繋がらない。
お申し込みがあったとしても、「無料」という言葉に吸い寄せられてきた人や、冷やかしのお申し込み。

心が折れそうになりました笑

 

というのも、そもそもブログの読者は、商品やサービスを買いたくて、検索してブログに訪れているのではないからです。

ここで大切な考えかたが、WEBマーケティングなんです。(今回はここについては触れませんが、興味のある方は個別にセミナーを行っていますので、お気軽にご相談ください。)

ブログをされている方の多くのゴールは、自分のサービスや商品を買ってもらうことではないでしょうか。そのゴールから逆算して、道筋を立てていく必要があるのです。

そうなった時に、「ブログの目的はなんなのか?」ということです。
まずは、「ブログの目的」を明確にし、そして、その目的のためにどんな方法(手段)をとっていくのか?ということなんです。

読者にしてもらいたいアクションを具体的に明示してますか?

ブログの目的があるからこそ、その目的のための具体的な方法(手段)が見えてきます。
すると、読者にどうしてもらいたいか、という読者にとってもらいたい具体的アクションが見えてきますよね。

そこで大切なのが、読者にとってもらいたい具体的なアクションが、読者に伝わるように動線を作っているか、ということ。「つもり」ではダメなんですよね。

 

例えば、「お問い合わせはこちら」と言われるのと、「ホームページ作りに関するお悩みや疑問点はご相談ください」と言われるのでは受ける印象はいかがですか?

「お問い合わせ」と言われると、漠然としていますよね。「どんなことを問い合わせたらいんだろう?」と受け手によっては思ってしまうかもしれませんね。
それよりは、「ホームページ作りに関するお悩みや疑問点はご相談ください」と言われると、具体的に悩みがある方は相談しやすくなりますよね。

大切なのは、読者がブログを読んだ自然な流れの中でアクションできるよう、作成者側が動線を整えてあげる必要があります。その動線がわかりにくいほど、また、アクションが面倒であればあるほど、読者はブログから離脱していきやすくなり、具体的なアクションを得にくくなるでしょう。

活用すべきWordPressの機能

アメブロとかですと、よくブログ記事の一番下に定型文を入れて告知をしていたりする方いますよね?

WordPressでも、定型文を入れたいんですけど、どうしたらいいですか?
という質問をいただきます。

ブログを書くたびに、定型文を入れてもいいのですが、もっと便利に活用できる機能があります。

それは、「CTA(Call To Action)」「サイドバー」「フッター」です。
テーマにもよりますが、CTAは機能がついていないものが大半なので…。
私が特にオススメするのは、どのテーマにもある「サイドバー」の有効活用です。

最近はスマホで見られる方が多いので、WordPressのテーマもTOPページのサイドバーがないワンカラム型にしたり、サイドバーをつけられたり様々です。

サイドバーは、パソコンで見ると右側や左側にある部分で、スマホで見るとコンテンツ(ブログ記事など)の後に表示されるものです。そこに読者がアクションしやすいように、具体的なアクションを促していくバナーやボタンを設置していくのです。

そこで大切なのが、具体的にどんなアクションを取って欲しいのかを明示すること。

 

読者にとって自分ごとに感じてもらい、アクションしよう、そう思ってもらえるような、流れをサイドバーにこちらで用意してあげるのです。

 

もし、サイドバーを意図的に設定していないようであれば、ぜひ意識して設定してみてくださいね♪