文字の大きさを変えたい!記事をもっと自分好みにするための拡張機能

WordPressで記事を書いていて、「文字のサイズを変えたい!」「表を入れたい」もっと自分好みの記事を書いていきたいと思ったことありませんか?

実はWordPressで記事を書くときの編集機能は、初期設定ではできることは限られていて、それ以上のことを望むのであれば、HTMLを操作しないと思うようにならないというデメリットがあります。

それが故に味気ない記事になってしまったと思われる方もいるかもしれません。

本日は、そんな時に超便利な拡張機能(プラグイン)をひとつ紹介します。
よりあなた好みの記事を書いていくことが可能になるでしょう。

 

初期設定での編集機能

新規投稿、新規固定ページの作成時の編集画面でできる編集機能はすごく少ないと感じませんか?
赤枠で囲った部分が、初期設定で使える編集機能です。

編集できる機能は…

見出し設定
太字
イタリック体
箇条書き
文字の位置の設定
リンク
「続きを読む」を入れる
ツールバー

 

最初はこれだけしか使えないのです。ちょっと少ないと感じますよね。

ツールバー「  」をクリックすることで、以下のように、多少編集機能は追加されます。
具体的には、「文字色(  )」や操作の「戻る(  )・進める(  )」 ボタンが加わり、ある程度ストレスなく記事を作成していけるのかと思います。

 

これで十分という方もいれば、もっと柔軟に対応できる編集機能が欲しいと思われる方もいるかもしれません。

文字の大きさを変えたい、表を挿入したいなど…。

そんな時に、プラグインを利用するととっても便利になり、痒いところに手が届いて、あなたの好みの記事にしやすくなります。

 

絶対入れるべきプラグイン「TinyMCE Advanced」

ここ、こうしたいけどどうにかならないかな…。
そんな時に助っ人となるのが「プラグイン」というWordPressの拡張機能です。

今回オススメのTinyMCE AdvancedはWordで文章を書くように感覚的に使っていくことができ、より記事の質を上げてくれるものになるでしょう。

 

TinyMCE Advancedのインストール法

1. ダッシュボード →「プラグイン」 → 「新規追加」

2. キーワードのところに、「TinyMCE」と入力

3. 「今すぐインストール」をクリック

キーワード検索すると、キーワードに合致したプラグインが表示される。
青枠のようにTinyMCE Advancedという鉛筆マークのものが出てくる。
これが今回利用したいプラグイン。

4. 「有効化」をクリック

プラグインはインストールしただけでは使用できません。
「有効化」して初めて使用できるようになります。

 

TinyMCE Advancedの初期設定

1. ダッシュボード →「設定」 → 「TinyMCE Advanced」

2. 使用したい(よく使う)機能を青枠内へドラッグ&ドロップする

使用しないボタンから、使いたい機能のボタンをドラッグ。
青枠内へドロップする。
また、青枠ないは、ドラッグ&ドロップで自由に配置を変えられる。

また、赤枠部分。
「エディターメニューを有効かする」にチェックを忘れずに入れてください。

これで初めて、投稿、固定ページ編集画面に今回の設定が反映されるようになります。

 

いかがでしたか?
文章を書くことがより楽しくなってきますよね♪