ブログ型ホームページを始めるなら何がオススメ?違いを知ろう!

ホームページを自分で作りたいけど、ホームページを作る上でのオススメってなに?

そんなことを思われている人もいるかもしれませんね。
いろんな情報が飛び交う中、逆にわからなくなったり、不安になったりして、踏みとどまってしまっている人もいるかもしれませんね。

現在は、ブログ一体型のホームページが主流になっています。
ブログ型ホームページでも種類がたくさんありますが、それぞれの違いを知った上であなたに合ったものを見つけられたらどうでしょうか?!

今回は、ブログ型ホームページの代表的な3つの違いを知っていき、あなたに合ったソフトを見つけてもらうことが目的の内容となっています。

ブログ型ホームページと従来型のホームページの違いは?

最近のホームページの流れとして、ブログ型ホームページというのが主流になってきています。

ホームページのイメージというと…。

業者に依頼するとコストが非常にかかる。
つまり、作成に数十万円〜百万円かかる、コンテンツの更新や内容の修正にもコストがかかる、ちょっとした修正にも業者にお願いしないといけない。

自分で作ろうにも、ページの管理が難しい。
つまり、コードをいじらないといけないから難しい…、出来たとしても素人っぽいデザインになりがち、更新の手間が大変」。

このようなイメージを持たれている方が多いのではないでしょうか。
このようなイメージは、実は従来型のホームページに共通することなんです。

ここでいうブログ型ホームページは、従来型のホームページと違い、とってもシンプルな構造なのです!
見た目は普通のホームページなのに、ページの管理がアメブロと同じよう、手軽に操作できるのです。

操作としては、アメブロの記事を1つ1つ書いていくよう、コンテンツと言われる必要なページを1つ1つ作る。
そして、その作ったコンテンツをホームページ上で魅せたいように、組み立てていくだけ。

無料ブログと違い、例えばベースのカラーなどをはじめ様々な設定ができます。
そういった面では、無料ブログよりいろんなことができるので、操作に慣れるまでは人によっては難しく感じるものの、コンテンツと言われる内容の更新や修正などは、難しいコードをいじらずにすぐにできてしまうのです。

ですのでこれまでのよう、高額なコストをかけなくても、自分で気軽に本格的なホームページを作ることが可能なことから、現在、ブログ型ホームページが主流となっています。

ブログ型ホームページのそれぞれの違い

現在、ブログ型ホームページが主流の中、いろんなソフトがあります。
その中でも代表的なものは、「Jimdo」「Wix」「WordPress」。

日本語版が出てから急激に伸びているのが、Wix。
一方で下降気味なものは、Jimdo。
日本でも世界でも圧倒的に使用されているのはWordPress。

特性で大きく2つに分けられます。

  1. Facebookのアカウントから簡単にボタン一つで無料で始められる、WixやJimdo。
  2. 独自ドメインの取得、サーバー契約は自分でやらないといけないWordPress。

無料で始められるWixやJimdo

無料で始められる気軽さ、感覚的に使える簡便さで広く支持されています。
デザイン性にも優れ、おしゃれなサイトが簡単に作れるところも魅力の一つです。

一方で、無料がゆえにデメリットもあります。

  • WixやJimdoの広告がホームページ内に入る。
  • 無料版Wixは最初に設定したデザインテンプレートから変更することができないです。
  • ドメインはWixやJimdoに基づいたものになるのでブログを書けば書くほど、WixやJimdoのドメインが強くなる(WixやJimdoの資産価値が上がる)。
  • いざ自分のドメインを持ちたくて、有料版に変えるとしても、ゼロからのスタートになる
    良質な記事を書き、ブログを多くの人に読んでもらえるようになると、ドメインの価値が上がります。

ドメインとは、サイトのURLに関連するものです。
https://kaori-miyasaka.com これは私のHPのURLですが、ドメインは、「kaori-miyasaka.com」の部分のことを言います。
ドメインは、ブログを通してアクセスが集まるほど価値が上がり、検索されやすくなります(資産となります)。毎日ブログを書いて3ヶ月くらいで少しずつ反応が観れるようになり、集客できるサイトに繋がるまでは1年以上かかると言われています。

Wixの特徴

イスラエル発のサービス。
デザイン性に優れていて、直感的にできる操作性から、日本語版のリリースによって劇的に使用者数が増えている。
直感的にできる操作性とは言いながらも、Jimdoと比べると操作が難しいとのこと。
写真をメインとしたデザイン重視なサイトを作る人たちに好まれている。
デザインテンプレートは最初に設定すると、変更することができない

Jimdoの特徴

ドイツ発のサービス。
直感的にできる操作から、WordPressが主流になる前によく使われていた。
ネットショップに最適なレイアウトやカート機能が充実していると言われている。

独自ドメインと自前サーバーで始めるWordPress

独自ドメインの取得、サーバーの契約、WordPressのインストールまで、WixやJimdoと違い全部自分でやる必要があり、また、コストが発生するので、敷居が高い。

一方で、独自ドメインを取得しているので、ブログを書けば書くほど、独自ドメインの価値が上がり、自分の財産として蓄積されていく。

WordPress がブログ型ホームページの中でもオススメ

Jimdo、Wix、WordPressの違いについて簡単に説明いたしました。
その違いを踏まえた上でオススメするのが、「 WordPress 」です。

前述した通り、ブログ型ホームページは、WordPress を始め、JimdoやWixなどのシステムがあります。その中でもWordPressは、圧倒的なシェアを持っています。

その最大の理由としては、WEB集客の生命線でもあるSEO(検索エンジン最適化)に他のシステムより強いと言われています。そして、数多いデザインテンプレート、初心者〜プロまで使用できるカスタマイズ性。
このようなことから、よく使われています。

ホームページの目的にもよりますが、大半の方の目的は「集客」なのではないでしょうか。

集客が目的とならば、GoogleやYahoo!の検索で上位に出てこなくては正直厳しいですよね。

そのときに重要なのは、SEO対策と言われるもの。
SEO対策とは、GoogleやYahoo!で特定のキーワードで検索した時に、上位に表示されるための対策のことです。
ブログ記事を書くときに書き手が意識することも大切ですが、そもそもシステム自体がSEOに強いというのはベースとして外せない条件ですよね。

同じ記事を書いてもシステムによっては、検索順位が全然違う。
それってもったいないですよね。

そういった意味でも、始めるのならWordPressをオススメするのです。

 

「ブログはアメブロで書くからいいよ!」という方もいます。
それは、ドメインといった資産価値の面から見たときに、実はすごくもったいないことなんですよね。

わたしは、ビジネスとして、集客を目的に考えてブログを始めたり、ホームページを作成するのであれば、WordPressで始めるのをオススメいたします。