前回、ブログとブログ型ホームページの違いについてご紹介しました。

本日は、ブログ型ホームページについて詳しくご紹介していきます。

 

ブログ型ホームページと従来型のホームページの違いは?

最近のホームページの流れとして、ブログ型ホームページというのが主流になってきています。

ホームページのイメージというと、業者に依頼するとコストが非常にかかる。
つまり、作成に数十万円〜百万円かかる、コンテンツの更新や内容の修正にもコストがかかる、ちょっとした修正にも業者にお願いしないといけない。

自分で作ろうにも、ページの管理が難しい。
つまり、コードをいじらないといけないから難しい…、出来たとしても素人っぽいデザインになりがち、更新の手間が大変」。

このようなイメージを持たれている方が多いのではないでしょうか。
このようなイメージは、実は従来型のホームページに共通することなんです。

ここでいうブログ型ホームページは、従来型のホームページと違い、とってもシンプルな構造なのです!

見た目は普通のホームページなのに、ページの管理がアメブロと同じよう、手軽に操作できるのです。

操作としては、アメブロの記事を1つ1つ書いていくよう、必要なページを1つ1つ作る。
そして、その作ったページを自分の組み立てたいように、組み立てていくだけ。

操作に慣れるまでは人によっては難しく感じるものの、慣れてしまえば、内容の更新などすぐにできてしまうのです。

ですのでこれまでのよう、高額なコストをかけなくても、自分で気軽に本格的なホームページを作ることが可能なことから、現在、ブログ型ホームページが主流となっています。

 

WordPress がブログ型ホームページの中でもオススメ

現在、ブログ型ホームページが主流の中、システムもいろんなものがあります。
その中でもオススメするのが、「 WordPress 」というもの。

もしかしたら聞いたことがある方もいるかもしれません。

WordPress 以外にも、JimdoやWixなどのシステムがあります。
その中でもWordPressは、圧倒的なシェアを持っています。

その理由としては、WEB集客の生命線でもあるSEO(検索エンジン最適化)に他のシステムより強いと言われています。
そして、数多いデザインテンプレート、初心者〜プロまで使用できるカスタマイズ性。

このようなことから、よく使われています。

ホームページの目的にもよりますが、大半の方の目的は「集客」なのではないでしょうか。

集客が目的とならば、GoogleやYahoo!の検索で上位に出てこなくては正直厳しいですよね。
そのときに重要なのは、SEO対策と言われるもの。
SEO対策とは、GoogleやYahoo!で特定のキーワードで検索した時に、上位に表示されるための対策のことです。
ブログ記事を書くときに書き手が意識することも大切ですが、そもそもシステム自体がSEOに強いというのは
ベースとして外せない条件ですよね。

同じ記事を書いてもシステムによっては、検索順位が全然違う。
それってもったいないですよね。

そういった意味でも、始めるのならWordPressをオススメするのです。

 

「ブログはアメブロで書くからいいよ!」という方もいます。

それは、実はすごくもったいないことなんです。
その辺については別途記事を書きますのでそちらを参考ください。